2007年03月31日

お久しぶりですわーい(嬉しい顔)

皆様ご無沙汰しております。
仕事を始めてから2週間経ち少しは余裕が出てきました顔(汗)
わたしもアクアも元気です犬(笑)

今日はアクアのお留守番について・・・
先週の月曜日から仕事に行き始めたわたしですが、
やはり2年のブランクは想像以上に大きくて、
感覚を取り戻すのに精一杯ふらふら毎日クタクタでした。
そんな中、アクアはわたしが帰りサークルから出すと、
気が狂ったように部屋中を走り回り、
おもちゃを持ってきては遊んでアピールの連続。
そして相手にしないと得意の逆ギレで吠えまくりもうやだ〜(悲しい顔)

アクアも辛いんだなぁと思い、毎日遊ぶ時間を作っていました。
仕事から帰ってきて30分ぐらいは、
ボール遊びや紐の引っ張り合いなどなど全力で遊んでいたのですが、
ハイパーボーイアクアにとっては、そのぐらいでは全然足りない様子で、
わたしにはくつろぐ時間もありませんでした。

そんな毎日が続きだんたんと気持ちに余裕がなくなり、
疲れがピークに達しアクアに辛くあたってしまった事もありました。
イライラしている自分もとても嫌になってしまい、
これじゃいけないなと思う気持ちとは逆にアクアの行動はエスカレートふらふら
どうしていいのか分からなくなりました。

そんな中パパに相談したところ
『辛いのはAyaだけじゃないんだよ。
アクアだって相当辛いし我慢してるんだよ』
と。。。

確かにその通りでした。
忘れていた訳ではなかったのですが日々の生活で、
一番大事な部分を見失いかけていました。

生後1ヵ月半で我が家にきたアクア。
毎日離れることもなく生活してきた中で、
いきなり10時間・・
時には10時間以上のお留守番をさせられた
アクアの気持ちを1番に考えてあげなくてはいけませんでした。
他の子に比べ一段と運動量の必要なアクアを
狭いサークルに入れっぱなしにせざる終えない状況を作ってしまった事を・・・


そんな中、以前ネットで買物をしたお店からのダイレクトメールの中に
こんな件名のメールがありました。


『愛犬を信用してあげてください』

〜一部抜粋〜
 もちろん、犬にも気性や性格の違いがあり、
 おとなしい子、元気な仔、気の強い仔、弱い仔、臆病な仔・・・
 それぞれの性格の違いで対応は変えてあげなければいけませんが、
 でも最後は飼い主の方がご自分の愛犬を信用してあげるかどうかが
 いい関係を築いていけるかどうかに大きく左右すると思います。
 
 問題行動をおこすには必ず原因があります。
 その原因を認識することが大切です。
 そして、愛犬と一緒にお互いが信頼しあえる関係、
 愛犬が飼い主を信頼してくれる関係を築き上げていくのです。
 我が仔を信用してあげていないことは愛犬に必ず伝わります。

 イライラ、焦り、あきらめ、恐怖心、うやむやな態度。
 愛犬がそれで楽しいと思うでしょうか?
 愛犬は問題行動を起こすことで
 実は非常にストレスを感じているのです。
 ストレスはストレスを呼び、
 問題行動はエスカレートしていきます。
 それを解決してあげることは
 愛犬にとっても心が落ち着く楽しい生活を得ることができるのです。
 愛犬の問題行動を改善したいと思うとき、
 「一緒に解決していこうね」と心で誓ってあげてください。
 愛犬だけに問題を押し付けることは人間のエゴでもあるのです。
 一緒に頑張る!
 お互い幸せなドッグライフを送ろうね。
 絶対、出来るよ!
 お母さんがいるから大丈夫だよ! 
 少し、大きな心で愛犬を見てあげてください。
 きっと、愛犬の心がだんだんわかってくると思いますよ。



なんだか自分自身に言われているような内容で、
思わず目頭が熱くなりました。そしてアクアに謝りました。
一瞬でも辛くあたっちゃって本当にごめんね。
こんな未熟なママでごめんね。
言葉が話せない分、一番辛い思いをしてたのはアクアだったんだよね。



また一つ勉強になりました。
徐々に仕事にも慣れ毎日の生活にも余裕が出てきました。
前のようにブログの更新&皆様の所になかなかコメント出来ませんが、
もう少し落ち着いたら必ず遊びに行きますので待っててください揺れるハート


最後にアクアの登場です犬(笑)元気そうでしょ(笑)
07030917.P1020070.jpg
久々の登場にコレ?って感じもするけどアクアらしいかな?と(^m^)

な〜〜んて顔(イヒヒ)

先日ペッパラでゴーグルの試着させてみましたわーい(嬉しい顔)
07030315.P1020037.jpg
なんかうける顔(イヒヒ)
もちろん購入はしていませ〜〜ん顔(ペロッ)


長くなってしまいましたが、
最後まで読んでくれてありがとうございました顔(メロメロ)



ニックネーム Aya at 00:44| Comment(36) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする